冷え取り健康法・半身浴、湯たんぽ

頭寒足熱の重要性
昔から「頭寒足熱」という言葉がありますが、私は最近になってこの言葉の重要性を痛感しています。
冬は「冷え」というものに関心が高まって、しょうがや湯たんぽなど「ブレイク」していますね。
でも冬だけじゃなく、また私のようにがっつり冷え症の人でなくとも、人は誰でも1年中冷えを持っています。
それは上半身と下半身の温度が違う、ということです。(だいたい上は37℃、下は31℃くらいと言われています。)
いわゆる「のぼせ」は冷えのすすんだ形で、下半身はどんどん冷えて、上半身は気や血が上がってしまう状態です。
すると全身の気のめぐりが悪くなり、内臓の働きが悪くなり、代謝が悪くなり、気持ちも乱れ、結果免疫力も低くなってきます。
そこで普段の生活において「頭寒足熱」を心がけることが大事になってくるわけです。

暑がりの人は実は冷えている?
私はあらゆる年代の女性の施術をしていて感じるのが、「年齢が上がるごとに下半身は冷え、首など上半身はのぼせている方が多い」 ということです。
よく更年期の代表的な症状としてホットフラッシュ(汗をかく)が見受けられます。
夏など年配の方はパタパタと顔を仰いでいる様子をよく見かけます。
これは下半身が冷えて熱を留めておけないために、上半身に熱が上がってしまう状態です。
「冷え症」という自覚のある方は、いろいろケアをしたりして意外と長生きでいられたりします。
が、こうした冷えのぼせになる方は「私は汗っかきで暑がりだ。代謝がいい。冷えてない。」という認識になってしまいます。
なので、 足元を冷やしっぱなしで対策をとることがなくどんどん体内バランスが悪くなっていきます。
よく「あんなに元気だった人が」コロリと大病にかかるのは、こういったこと原因となっていたりします。
なのでトイレの着脱時に「お尻がひやっとしているな。」と感じる人は、「冷えている」という自覚を持っ て対策することをおすすめします。

半身浴は苦手?
「頭寒足熱」の理想的な状態が半身浴です
「冷え」は足元から入って腰に留まります。
なので下半身のみを温めることによって、身体の体内温度のバランスを整えるのです。
特に腰が悪い方、婦人科系が不調な方にはおすすめです。
温めるべき部分を温めると、老廃物や毒素がよく出てきます。
基本的なやり方としては、「40℃以下のゆるめのお湯に、みぞおちから下をつけ腕は出す。少なくとも20分〜30分以上。」と 言われています。
24時間まで何時間でもいいそうです。
「半身浴が健康に良い」ということはわかっていても「苦手」だという人が多いですね。
「暑くて入っていられない。」という人の話を聞くと、腕を入れちゃっている方が多いです。
腕を入れるとすぐのぼせてしまいますので、疲れない状態で出しておくのに工夫が必要かもしれません。(浴槽にイスを置くなど。)
また「何十分もじっとしてられない。」「寒い」という方もいらっしゃいます。

私は半身浴をすると疲労回復することに気づいてから、10年以上毎日しています。
夜にすると気持ちよくて何時間でも入ってしまい、あげくのはてにそこで寝てしまうので、最近では朝入浴するようにしています。
朝白湯と梅しょう番茶と本を持ち込んで、お風呂のふたをテーブルがわりにくつろぎます。
毎朝身体を湯につけると「あああ、ありがたいなあ・・・。水が豊富な国にうまれてありがたい・・。」と至福の気分になります!
夏はそれこそドバーっと汗をかくので入浴後は涼しくなり、冬はそれほど汗はかきませんが芯から身体が温まります。
夏でも腕を出しておけばふやけることものぼせることもなく、冬は「気持ちよく入っていられる」ように多少高めの温度で入って、 寒くなったら追いだきします。
なので半永久的に(?)入っていることも可能です。
ただ、半身浴すると老廃物や毒素が溶け出してどっと出てくるので、長くつかるとそこそこ疲れます。

湯たんぽで毒だし&安眠
「頭寒足熱」「半身浴」状態を寝ている間にも作り出せるのが「湯たんぽ」です。
疲れているとき、食べ過ぎたときなど、朝起きると部屋に匂いが充満していることはありませんか? (家族とか人のことのほうがよくわかるかも。)
寝ている間はよく毒が出ていくからです。
せっかくですから寝ている間も下半身を温め、疲労回復と同時に効率よく毒だしをしてしまうとなんだかお得(?)です。

私は湯たんぽの代わりに施術で使用している石を何個か100℃に温めて、タオルにくるんで足元に入れています。
すると、足からふわ〜っと温かさが上半身まできて全身が緩むので、 秒殺!という感じであっという間に爆睡してしまいます。
そして最近とうとうかた落ちして安くなっていたシルクの毛布を見つけて、ついでだからとちょっとお高いシルクのシーツを購入してしまいました。
なので さらに暖かくて毒だし力満点の夜を過ごしております。
寒い冬でも気がつくと、軽く汗をかきながら腕を出して寝ていることもあります。
もちろん短時間睡眠でも疲れがとれて、とても元気に過ごせます。
足が温かいとと〜っても幸せな気持ちになるんですよね〜。
ふくらはぎの筋肉がゆるむので、夜中によく足がつったりこむらがえったりする方にもいいのではないでしょうか?
湯たんぽで「ふわふわ・ゆるゆる・幸せな眠り、ついでに毒だし」はいかがですか?