ひまし油湿布

以前Floraでは「水分排泄温石」というひまし油とホットストーンを使って主に腎臓を 温めて体内にたまった水分排泄を促すオプションがありました。
が「肝臓をしっかり温める」ことができていませんでした。
改めて肝臓をしっかりと温めてみたら・・・めくるめく効果があったんです・・・。

ひまし油湿布とは?
ひまし油湿布とはエドガーケイシーの自然療法のひとつで、腹部(おもに肝臓周り)にひまし油を塗って温めるという健康法です。
ケイシーは内臓疾患から皮膚疾患、筋肉痛、関節痛などさまざまな病気にこの方法をすすめました。
「ひまし油」を温湿布として腹部にあてると、リンパの循環を促し活動を活発にして、組織の中にたまった毒素を積極的に排出させ、 生体に活気が与えられるといわれています。

ケイシーが推奨する正式なやり方は以下の通りです。
「3,4枚の古いフランネルの布にひまし油を十分吸わせ、温めた電気温熱パックの上に広げ、それを肝臓周り・お腹の右部分にあてる。 1日の同じ時間に1時間ずつあて、少なくても7日間連続して湿布する。」
何か不調がある場合はしっかりと忠実に行うといいと思いますが、1回でもそれなりの効果があります。
Floraでは、肝臓周りにひまし油をたっぷりと塗り、タオルをあて、その上から温石であたためながら施術をしていきます。
ひまし油湿布をする前は「次の日お休みですか?かなり解毒効果があるので、人によってはぐったりすることもあります。」と必ず お伝えしています。

肝臓は過労気味
肝臓は主に体内の解毒を担当していますが、「沈黙の臓器」と言われていて調子が悪くても あまり主張はしてくれません。
ですが現代では解毒というのはかなり負担のかかる仕事で、例えば脂肪やたんぱく質など食べ物 だけでなくお酒、薬、添加物などの代謝まで、人によっては肝臓は過労ぎみに 働かされていると思われます。

「肝臓がお疲れみたいです。」と言うと、人によっては「えー?私お酒もたいして飲まないし、薬も飲んでないけど?そんなはずはないわ。」と おっしゃられたりします。
ですが東洋医学では、肝臓にかなり負担をかける要素として感情面・「怒り」「イライラ」が あるということは、知らない・気づいてないかもしれません。
特に「怒り」をおさえこむことを常時していると、知らず知らずのうちに相当肝臓を傷めつけてしまうことになります。
毒素といえば、添加物とか農薬とか物質的なことがまず浮かびますが、こうした心の毒が気づかれにくい分・長年の蓄積になってしまいます。
ちなみに「悲しみ」は肺を傷め、「恐れ」は腎臓を傷め、「驚愕」は心臓を傷め、「くよくよ」は胃を傷めます

目の疲れは肝臓の疲れ
また東洋医学では、「眼の疲れは肝臓の疲れ」と言われています。
ちなみに耳は腎臓。口は胃(消化器)、鼻は肺とそれぞれ関係が深いです。
なのでひまし油湿布をすると、「眼の疲れがやわらいだ。」「白目部分の充血がなくなった。」など目によい影響があります。

先日「経絡トリートメント150分」のコースを受け続けて体質改善に励んでおられるお客様から、 驚きの報告を受けました。
同じような悩みを持っている方の励みになったら、ということで了解をいただいて シェアさせていただきます。(便宜的にAさんと呼ばせていただきます。)
Aさんは施術を受けていただいているだけでなく、ひまし油湿布などでセルフケアも積極的に 取り組んでいらっしゃるので、身体面だけでなく精神面の変化もとても素晴らしい成果が でてらっしゃいます。
Aさんはいろんな不調があったなか、「涙管狭窄」という文字通り涙の管がつまってしまって、 眼やにがたくさんでて涙で目の表面をうるおせない右目の病気もありました。
年配の方に多い症状で、手術でシリコンをしばらくうめこんでおいて拡げるなどするしか 治す方法はないそうです。
目の表面が乾燥するので普段目薬を手放せない生活をされていました。
それが、自宅でひまし油湿布をしてひと月もたたないうちに劇的な変化がありました。
鼻のすぐ横にあずき大のしこりができ(皮膚の内側)、 ものすごく痛かったそうですが、そのしこりが鼻筋を通って日に日に上に上がってきて目のすぐ横 あたりまできました。
あまりの痛さに病院に行くことも考えたそうですが、「とりあえず眠れるのなら寝てしまえ。」と 眠った後、起きたらしこりがどこにもなくなっていたそうです
そして目そのものがかつてない爽快感というか、正常感があり、つまっていたものが取れたことに 気づいたそうです。
ひまし油湿布により自己治癒力が高まり目の機能も回復してきたので、長らく滞っていた部分が 解放されたのではないかとご本人は分析されていました。
「病院でも治療が難しい症状を、自分で治すことができた!ずっとできなかった読書ができる!」ということで、とっても 自信になったとおっしゃっていました。

さまざまな体験談
それ以外にも施術を受けた方、セルフケアに取り入れた方からいろんな体験を聞きました。
「次の日痛くない下痢状の便が大量に出た。」
「とにかくトイレの回数が多かった。」
「内臓が正しい位置に動いた気がした。」
「すごい匂いのある生理だった。」
「2週間生理が続いて、生理痛がなくなった。」(子宮内膜症を患っていた方)など・・・。
自分も含めて体験された方の話を聞くと、腎臓〜尿管〜膀胱までの泌尿器系、卵巣〜子宮〜膣までの 生殖器系、胃〜大腸までの消化器系の排泄が強化されるようです。

ひまし油湿布に関する正しいやり方、購入はこちらから↓
クシロ薬局
http://kushiroph.com/
ケイシーグッズ
http://www.caycegoods.com/