ナチュラルお掃除&お洗濯
自然素材とアロマでお肌と地球に優しくハウスキーピング

場所別に作られた、たくさんの種類の洗剤は必要?

以前家にはたくさんの掃除用の洗剤がありました。
お風呂用、トイレ用、住居用、台所用・・・。
さらにそれぞれ詰め替え用をストックしておいたり、 お買い物メモにしょっちゅう何かしらの洗剤の名前がありました。
そして実際のお掃除の場面では特に皮膚が敏感でない私でさえ、その液体にはできるだけ 触れないように使用していました。

ところが今では2、3のキッチンにあるような安全な素材(石けん、重曹、お酢)だけ で、家中ほとんどの場所の掃除が 気持よくできます。
重曹やお酢なんて、お肌に良いとさえいわれています。
なにより自然の素材は下水に流しても 早く分解され地球にも優しいのです
昔からあるおばあちゃんが使っていたような素材でここまで気持よくキレイにお掃除ができるなんて・・・。
「う〜ん、化学(科学?)の進歩って意味あったのかなあ。」とさえ思ってしまいます。
それにしても「汚れを落とす」というだけなのに、どうしてあれだけ場所別の洗剤が 必要だったのか・・・。
化粧品と同じで、企業の戦略というか洗脳にのせられていただけなのかもしれませんね。
昔あたりまえに使っていただけにとっても不思議です。


ナチュラルお掃除におすすめの素材:重曹

重曹(ベーキングソーダ)は炭酸水素ナトリウムなどとも呼ばれていて、干上がった湖の底から 掘り出される天然のミネラルです。
家庭ではパンをふくらませる材料としておなじみです。

<特徴>

  • おだやかな研磨作用・・・やわらかい結晶がやさしく効果的にものを洗浄する。
  • 中和作用・・・弱アルカリ性の性質で、多くの汚れや脂である酸性の物質を中和。 石けんと一緒に使うとさらに効果的に汚れを落とします。
  • 消臭・吸湿作用・・・不快な悪臭を化学的に中和する。さらに悪臭を吸収しながら水分を 取り込むのでクローゼットなどでも活躍。
<使い方>
  • 粉(こな)状・・・直接粉のまま振りかけたり、湿らせたスポンジに含ませて お掃除したり、器に入れて置いておいて湿気やにおいを吸収させる。
  • 水溶液・・・ぬるま湯に重曹をとかしたもの。そのままスポンジやぞうきんで拭き掃除に使用 してもよいし、それに石けんをまぜるとさらに効果的に汚れを落とせます。
  • ペースト・・・重曹に少しの水を混ぜたもの。タイルの目地のカビなど ガンコな汚れに威力を発揮。
endo’s memo
私はよく家電とか化粧板など市販の洗剤だとなかなか汚れが落ちないものなどに、 お湯に重曹と石けんを溶かした液でお掃除します。
電話とかインターホンとか 使う部分だけ黒ずんでしまうものなどすごくキレイになりますよ。


ナチュラルお掃除におすすめの素材:お酢(クエン酸)

お酢(ビネガー)はお酒からうまれたもので、穀物酢や果実酢、クエン酸などさまざまな 種類があります。
身体の中に取り入れると弱アルカリ性に保って体内バランスの回復に活躍し、 体外では酸性の性質で雑菌の繁殖を抑えたり物質を溶かしたりはがしたりします。

<特徴>

  • 浸透・剥離・溶解作用・・・いろいろな物質にしみこみゆるませる。
  • 抗菌作用・・・身の回りの雑菌の活動を抑える
  • 消臭作用・・・アルカリ性のにおいを中和。その他各種の悪臭を飛ばす。
  • リンス作用・・・石けん分を溶かし、髪や肌、布地をいたわる。
  • 還元作用・・・金属や生体内の酸化によるサビをとる。
<おすすめ レシピ>
クエン酸スプレー・・・水1カップにクエン酸小さじ1を入れ溶かす。
用途:フローリングの床ふき、バスルーム・トイレなどのカビ防止・におい消しに。

クエン酸とは?・・・薬局などで売っている顆粒状の物質。酢特有のツンとする匂いがなく まったくの無臭なのでお掃除に使いやすいです。水にすぐ溶けます。


ナチュラルお掃除におすすめの素材:純石けん

石けんは界面活性剤(水に溶けない油汚れが溶けやすくなったり汚れが浮き上がって落としやすく なる効果がある。)の一種です。
合成の界面活性剤に比べると、純石けんは水中で分解されやすく 環境に優しいといわれています。

特徴・・・油を遊離させ、酸性の汚れを中和する。

<おすすめ レシピ>
@トロトロ石けん・・粉石けん大さじ1をお湯1カップに溶かす。
用途:台所周り、その他の洗剤として。重曹とペアで使うと効果大。
A水周り万能クレンザー・・・重曹、粉石けん各1カップ、 はっか油10滴 容器にすべて混ぜてよく振る
用途:トイレ、キッチン、バスルームなど水周りすべての場所でふりかけてこすって汚れを落とす。


ナチュラルお掃除におすすめの素材:精油

殺菌・抗菌・消臭作用に優れた精油はお掃除の強い味方になります。 気分よくお掃除するためにも効果は抜群です。

  • ユーカリ・・・殺菌消毒作用。ダニなど防虫や部屋の空気清浄にも役立つ。
  • レモン・・・ダニが嫌う香り。台所で使うとO157などが防げる
  • レモングラス・・・ダニ予防に。
  • ペパーミント・・・殺菌消毒作用。デオドラント作用、O157が防げる。
  • はっか油・・・殺菌消毒作用。デオドラント作用
  • オレンジ・・・台所洗剤(トロトロ石けん)に数滴加えると洗浄力がアップします。
  • ラベンダー・・・虫除けに効果的。


ナチュラルお掃除:場所別使用例

<キッチン>

  • シンク、ガスレンジなど・・・重曹をふりかけ磨く。
  • 電子レンジの中・・・カップ1杯の水にレモンを2滴垂らし、「温め」をスタート。 蒸気になって匂いをとり、ドアを開けてふやけた汚れを拭き取ってから湿気を出す。
  • 台所周りの洗剤・・・トロトロ石けんにはっか油、オレンジなどをを数滴たらしておく。
  • 冷蔵庫・・・洗面器半分の水にレモン3滴を混ぜて、きつく絞ったタオルでふく
  • 冷蔵庫の消臭・・・重曹を置いておく。
  • ゴミ箱の消臭・・・ゴミ箱の底に、精油入り重曹を撒いておく。 嫌な臭いを消して、精油で除菌効果も。
  • まな板の除菌・消臭 ・・・まな板を水を張った洗い桶に浸け、レモ ン精油を5滴ほど 加え一晩置く。その後日光消毒がおすすめ。
<トイレ・お風呂>
  • バスタブ・・・重曹をふりかけ、アクリルスポンジでこする。 (トロトロ石けんをプラスするとさらにぴかぴかに。)
  • バスルーム全体・・・使用後にクエン酸スプレー(お酢)をスプレーしてすすぐ。
  • タイルの目地・・・重曹ペーストでこする。
  • 排水口・・・重曹をカップ1/2入れ、その上にレンジであたためたお酢(クエン酸)カップ1 をそそぐ。30分以上放置した後熱湯ですすぐ。
  • 便器・・・水周りクレンザー(重曹&粉石けん)を使って磨く
  • 便器周りのお手入れ・・・クエン酸スプレーをスプレーしてふき取る。
<リビング>
  • 掃除機・・・紙パックにユーカリを2滴たらしておくと部屋によい香りがする
  • たたみ・・・洗面器半分くらいの水にレモン(またはユーカリ)を混ぜ、 きつく絞ったタオルでよくふく。
  • フローリング・・・クエン酸水をスプレーし、すぐにモップでふきとる。
  • カーペット・・・精油クレンザーをさらさらと振りかけて、しばらく置いてから 掃除機で吸い取る。カーペットのお手入れだけでなく、お部屋の空気も爽やかにし、 掃除機の排気の浄化にもなる。
  • 押入れ・引き出し・・・消臭・防虫ボール (丸いボール状のコットンに、 精油を数滴ずつ落とす)をタンスや下駄箱、物置、押入れなどの、空気のこもりやすい 場所に置いて、消臭に。


ナチュラルお洗濯(純石けん)

<タオルが柔らかい!>
サロンの仕事柄、常に大量の大小のタオルを洗濯しなければならないので、洗濯は重要な仕事の一部です。
私がはじめて合成洗剤でなく純石けん(粉せっけん)を使って一番びっくりしたのは、仕上がった洗濯物の柔らかさです。
え?なにこの柔らかさ。気持ちいい!ってか今まで使っていたのって・・・???」
やはり身体に使っていた合成の洗淨剤と同じで、布をゴワゴワにする作用があったようです。
なので必ず柔軟剤が必要なんですね。
使用感が命のタオルですので、2度と合成洗剤を使わなくなったことはいうまでもありません。

<最近合成洗剤、柔軟剤の香りすごくないですか?>
以前マンションの上の住人の洗濯物が、風で飛んでうちのベランダに落ちていたことがありました。
「誰のかわからないから、後でマンションの玄関にメモでもつけておいておこうかな。」と、とりあえず部屋の中に置いておきました。
そして別の部屋で用事をして戻ったら・・・、洗濯物がおかれた部屋全体が洗剤(柔軟剤?)の匂いで充満していたではないですか!
たぶん日常使っている方なら、さほど気にはならなかったでしょう。
が、普段アロマの仕事のおかげで基本的に合成の香料とは無縁の生活を送っている身には・・・「キビシー!!」匂いでした。
この方の使用している量が多かったのでしょうか、頭が痛く、胸が苦しく、気持ち悪くなりました。

最近CMでもしきりに「着ている服からいい香りが出て素敵でしょう。」的なアピールがありますね。
柔軟剤に何故あれほど香りをつけるのか、使っている薬剤の匂いを隠すためなのではないかと疑ってしまうほどです。
合成の香料に慣れてしまっている方はわからないと思いますが、本人の体臭はないのに 「服がとにかく匂ってる」ことになってると私は思います。
あれだけ強い香りを常に全身身につけているということは、確実に身体の中に化学物質が入り込んでいることになるのではないでしょうか?
本人が気づいていない分、怖いことですね。

<合成洗剤でなくても落ちるの?>
純石けん(粉石けん)で洗うと、汚れ落ちが悪いとか黒カビがでるといわれています。
確かに合成のパワーに比べたら、汚れ落ちはよくないのかもしれません。
ただ私自身は子供の食べ物汚れとか泥遊びの汚れものはなく、大人もの・サロンのタオルの洗濯しかしていないので特に気になりません。
ひどい汚れの場合は、あらかじめ重曹を使ってつけ置きをしておくといいです。
布ナプキンの経血の汚れもつけ置くだけで落ちていきます。
黄ばみが気になる場合は酵素系漂白剤につけておくといいです。

黒カビは粉石けんそのものが原因ではなく、石けんの溶け残りが原因だそうです。
なので、とにかく石けんを溶かした状態で使用することがカギになってきます。
私はあらかじめ、バケツの中で石けんをお湯で溶かしてから洗濯しています。
そして最近は洗濯槽内を乾燥させる機能がついた洗濯機が多くなってきましたので、マメに使って湿気を防ぐといいと思います。

<柔軟剤はどうするの?>
粉せっけんで洗濯してもさほどゴワゴワにならないので、いわゆる柔軟剤は必要ありません。
ただ繊維に残っている石けんアルカリ成分を中和してやわらかく仕上げるために、酸性のお酢やクエン酸が役に立ちます。

・クエン酸水・・・水1カップ゚にクエン酸大さじ2/3
・ハーブビネガー・・・醸造酢にペパーミントのハーブを2週間以上漬け込んだものに はっか油を混ぜたもの
上記のどちらかを普通に柔軟剤の入れ口に入れておけば大丈夫です。

<衣類にも身体にも優しい自然の香り>
私はハーブビネガーから作る柔軟剤にだけでなく、石けんを溶かしたお湯にもはっか油を数滴入れています。
あと洗濯したものを入れておく引き出しにハーブを入れています。
[簡単ハーブサッシュの作り方]
ミントやラベンダーのハーブを出し袋に入れてホッチキスでとめる

普段の引き出しだけでなく、衣がえの際の入れ替え時にも入れています。
香るか香らない程度の自然の香りが、一番身体に優しいと感じています。